アコム カード 紛失

アコムのカードを紛失した時にすること

 

アコムは、ローン事業において、消費者金融業を行っていますが、カードローン用のキャッシュカード、クレジット用のカードなどを発行しています。利用者はカードの管理をきちんとしないと、悪用された場合大変な被害を被ることになりかねません。もし、カードを紛失した場合は、気づいた時点ですぐに、フリーコールへ連絡しましょう。

 

24時間受け付け可能になっていますので、深夜でも至急連絡してカードの利用を止めてもらわなければなりません。アコムの場合、クレジット機能の付いたカードもあるので、クレジット機能付きカードは紛失連絡後の不正利用に関しては、保険の適用をうけることができます。

 

アコムに紛失届を出したらそのまますぐに、警察に紛失届を出しに行きましょう。これも、クレジットの不正利用などに欠かせない手続きなので、なるべく早く届けるようにしましょう。最近は紛失や盗難だけでなく、暗証番号を知られたり、スキミングと呼ばれる偽造被害も増えています。身に覚えのないカード利用がわかったらすぐにアコムに連絡しましょう。そして、カードの扱いには十分注意するよう気を付けましょう。

 

カードの再発行の手続きは店頭窓口、自動契約機、郵送の3種類の方法があります。いずれも、本人を確認できる書類(運転免許証や健康保険証)が必要になります。

 

アコムを含めた有料キャッシング業者のまとめサイトがはじめての方には一つの指標になるでしょう。
急な出費にはキャッシング 即日!今すぐ借りれるキャッシングDoでは銀行系・消費者金融に総量規制対象外のキャッシングをランキングでご紹介し特集しています。

 

アコムの評判はどうなのか

 

アコムは、業界最大手で知名度もトップクラスと評判のキャッシングです。

 

今では各消費者金融会社であたりまえになった「無人の自動契約機」をはじめて導入したのがアコムです。
人の手を介せず処理できるので、「むじんくん」と名付けられましたが、今では、CMでも有名になっています。
現在は、三菱東京ファイナンシャルグループに属し、スピーディな審査と即日融資に加え、返済方法も様々で、利用者には便利な存在となっているようです。

 

アコムの評判は、色々な口コミなどを見ても、返済方法の便利さを挙げる人が多いようです。

 

審査の早さも評判はいいようですが、やはり、申し込みが店頭だけでなく、インターネットでもできることは便利であるという声が多いようです。
パソコン、スマホ、携帯とどれからも申し込みができますので、利用しやすいし、24時間受付というのも便利です。

 

申し込み後本人確認書類をアップロード、アプリ、FAXなどで提出したら審査がありますので、契約手続きのお願いメールで内容を確認、同意すれば契約完了です。

 

一番評判の良かった返済方法は、インターネットから銀行振り込み、または、提携ATMから振り込み、店頭窓口、またはATMからの返済と利用者の都合に合わせた様々な方法を選択できるようになっています。。まさにアコムではキャッシングを即日で様々な方法で出来る消費者金融なのです。

 

アコムの過払い請求に関する状況

 

過払い請求とは、以前の金融業者で請求された利息分のうち、多すぎる利息を払っていた場合払いすぎた利息を返還してもらえるよう請求することです。

 

アコムの過払い請求は、既に返済し終わった人だけではなく、返済中の方でも該当する人はいますので、法律事務所などに相談するのもいいと思います。ネットを調べると、過払い請求に関する質問などもいろいろ載っていますので、それを参考にして自分で請求することもできるようです。

 

過払い請求に関するアコムの現在の状況は、概ね任意和解で7〜8割程度を3〜5か月後返還という提案が多いようです。
訴訟提起をした場合は、9割程度の提案がありますが、案件によっては長引いたりすることがあります。
利息を含めた請求額満額を回収する場合、訴訟提起をしてから半年以上の期間を要するというのが現状です。

 

アコムは、以前武富士に次いで業界第2位という地位であったのですが、武富士が倒産したことにより現在は業界第1位となっています。CMに芸能人を使い好印象をアピールする一方、事業では、身微視UFJフィナンシャル・グループに属すなど、融資残高や口座数ともにすべての消費者金融の中でもその地位を確定しています。

 

はじめてのキャッシングをアコムで考えている方の多くの方が気にしているアコムからの電話連絡(在籍確認のこと)により家族にばれるのではないかと思っている方は安心してくださいね。アコムでは事前にある書類を用意しておけば在籍確認なしでアコムのキャッシングを利用できるようになります。

 

もし、自分が過払い請求されているかもと思う方は、一度調べてみた方がいいかもしれません。

 

アコムの無人契約機はどんなもの?

 

アコムの無人契約機は「むじんくん」と呼ばれ、そこで申し込みからカード発行までをできる機械です。
タッチパネルを操作するだけの簡単手続きが好評のようですが、初めて利用する人は少し不安になることがあるかもしれません。
困った時もオペレーターが対応してくれますが、顔は見えないということも不安の要因なのかもしれません。

 

しかし、アコムの無人契約機は、9:00殻21:00の営業時間で働く人にも便利ですし、全国各地に設置されていますから、キャッシングには便利かもしれません。

 

アコムの無人契約機での契約までの流れは、次のようになります。

 

まずは無人契約機を探しましょう。
インターネットで近くの無人契約機を探すことができます。

 

場所がわかったら、本人確認書類をもって無人契約機に行きましょう。

 

次はガイダンスに従って手続き開始です。
タッチパネルを操作して順番に進んでいきます。
もしわからないことがあれば、オペレーターに聞くことができます。
この時に、ご入り用でしたらアコム マスターカードのクレジット機能を付けたい場合はそのことをオペレーターに伝えましょう。

 

全ての手続きが修了すると、審査回答を待つだけになります。
おそらく手順の中ではこれが一番時間がかかると思うので、回答が来るまで待ちましょう。

 

無事審査が通ったら無人契約機でカードを受け取ることができますから、併設されているATMですぐにお金 借りることができます。

 

アコムやプロミスは総量規制の対象外なのか?

 

総量規制とは、返済能力を超えた借り入れを抑制するため制定された貸金業法という法律の一部です。

 

アコムやプロミスは総量規制の対象外になるのではと言われたりしますが、総量規制の対象外になるのは一般的には銀行カードローンだと言われます。
しかし、総量規制には、除外や例外もあるので、必ずしもすべてがそうではないということも頭に入れておかなければなりません。

 

アコムやプロミスは、大手消費者金融ですから、貸金業法下で営業しているということで、総量規制の対象になります。
ただし、不動産購入または、不動産に改良のための貸付、自動車購入時の自動車担保貸付などは、除外貸付けになります。
これは、家のローンや、車のローンのことです。

 

また例外貸付は、顧客が一方的に有利になる借り換えや、個人事業者に対する貸付がその対象です。
いわゆる、おまとめローンや、事業者ローンのことです。

 

おまとめローンに最も適しているのはアコムよりもプロミスが有利になります。アコムでは上限金利が18%に対し、プロミスの上限金利は17.8%になるからです。おまとめローンを組む時に、一番重要なのは金利になり、上限金利が低いプロミスがオススメになります。
もっと詳細にプロミスのことを確認するなら、http://プロミス審査結果.net/コチラになります。

 

アコムやプロミスで、通常の資金使途自由なカードローンを利用するとなると、総量規制の対象になりますから、年収による法的制限を受けることになります。
ただ、アコムは他にもローンを扱っているので、貸金業法に基づく借り換え専用ローンやビジネスサポートローンは総量規制の対象外になります。

 

つまり、アコムやプロミスはローン商品によっては、総量規制の対象になるものとならないものがあるということなのです。

更新履歴